​2021年度研究所概要

aboutus.gif

          一般財団法人 アジア・ユーラシア総合研究所

 

【設立主旨】北東アジア総合研究所の資産を生かし、新たに一般財団法人として設立する。
【設立理念】アジア、ユーラシア地域の要請に応える研究機関として絶対価値の創立を図る。併せ、
      若手研究者の育成と活動の場を提供し、桜美林大学及び産官学諸機関と連携を図り、
      国際会議、研究交流、教育・出版等を通じた社会文化貢献事業を行う。

【設立時期】2017年4月  
      4月ー3月を会計年度とし、役員委託期間は規定に順ずる。
【事務所】 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-12 桜美林大学キャンパス1階

      

【役 員】  

評議員   西原 春夫 アジア平和貢献センター理事長、元早稲田大学総長
      小池 一夫 桜美林学園理事長
               高杉 暢也 (日韓プロジェクト座長) 元韓国富士ゼロックス会長
      早瀬  勇 (日独フォーラム座長 ) 元金沢星稜大学学長

 

代表理事  谷口  誠 元国連大使、元岩手県立大学学長

 

常務理事  小島  明 政策研究大学院大学理事  元日経論説主幹
               河野善四郎 事務局長   ㈱ぜんと監査役

 

理事    福川 伸次 元通産事務次官、東洋大学総長
          今野 由梨 ダイヤル・サービス社長
          遠藤  滋 ハチソン・ワンポアジャパン代表、元三井物産専務
          小倉 和夫 青山学院大学特別招聘教授、国際交流基金顧問
          平石 政伯 日本金属(株) 相談役

 

監事     高野 哲好  弁護士
         宇佐見義尚  板垣與一記念館館長

                   

【顧問】   必要に応じて有識者に顧問を委嘱する。
 

【研究員】  客員研究員制度を採用。
 

【事務局・運営委員】理時会の直接機関として諸活動の企画、運営を推進。
          事務局長:河野善四郎
          運営委員:宇佐見義尚、李海、大西康雄、新美貴英、堤一直

                                                  川根 友、小祝誉士夫、角田遙奈、

【会計面他】研究所の自主会計を基本とした予算制度を採用。
      収支予算及び人事案は、理事会で審議決定し、監事、評議員会の承認を得る。

 

【年会費】個   人  8,000円      特別会員 5万円
     法   人  5万円【一口】   特別会員30万円
     客員研究員  1万円      (海外在住会員は5,000円)
     
 

     
     

new017_06.gif

                             

             2021(令和3)年度事業活動計画

 昨年同様に4月25日から緊急非常事態宣言が発令されたが、

   今期は以下の活動を計画。
 

   新役員2名を迎え、新運営委員3名を任命し、活動を活性化する。

 

   3月末リニューアルオープンのホームページを最大限に活用し、

   研究所活動をアピール、会員とのコミュニケーションを図り、

   新会員獲得につなげる。

 

1 事業活動計画(シンポジューム、講演会開催)

 

  1)アジア・ユーラシア研究フォーラム(年4回開催)
  2)企業倫理研究会(年1回開催)         
  3) 日韓関係交流会(年2回開催、6月、12月)   
  4) 日独研究フォーラム(年1回開催、10月)   
  5) 日印関係交流会(年1回開催)         
  6) 一般研究者・客員研究員 研究報告会(年1~2回開催)

 

2 出版活動
  
   1)『遠藤三郎日記』遠藤三郎著 吉田廣二校閲
   2)『日本近世文芸の挿絵の役割』王学鵬著
   3)『川西重忠追想集』(仮題)川西追想集編集委員会

 

*川西重忠命日の12月3日に川西氏を偲び『川西重忠追想集』(仮題)

   出版記念集会を開催予定。